文字の大きさを変更できます

  • 文字の大きさ[大]
  • 文字の大きさ[中]
  • 文字の大きさ[小]

膝の悩みでお悩みの方へ

むち打ち・交通事故後の施術について

整体について

施術について

  • 初めての方へ
  • 施術方針
  • 施術方法

症状別の対策

  • 生活習慣について
  • 整骨院とは 接骨院とは
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

受付時間

TEL:0745-31-5702

本サイトには、Adobe Flash Playerを必要とするコンテンツが含まれています。 ご覧になるには、以下よりアドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)をダウンロードしてください。

Adobe Flash Playerをダウンロード

変形性膝関節症

変形性膝関節症って??

変形性膝関節症の説明

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、膝軟骨がすりへって膝関節が変形した状態です。
本来であれば、膝の関節がクッションの役割を果たすことになりますが、その軟骨や半月板、その他が時間を重ねることによって変形していきます。 クッション機能が低くなると、膝にかかる負担が益々増えてくると言われていますが実は膝の痛みは軟骨や半月板ではなく、ほとんどが筋膜で感じています。

 

「筋膜とは」
みなさん筋膜ってご存知ですか?
最近、メディアでも取り上げられることが増えていますね。
筋膜はその名のとおり筋肉を包んでいる膜のことです。
筋肉をウインナーソーセージの肉に例えるなら、筋膜は肉を覆っている皮の部分です。
イメージわきますかね?

 

「筋膜の役割は?」

筋膜には神経や血管があります。筋膜が伸縮することにより筋肉と骨が動きます。 この筋膜に老廃物が溜まると筋膜が捻じれ、伸縮が阻害され 固まってしまします。

 

「筋膜が固まってしまうとどうなる?」

筋膜が固まってしまうと筋肉や骨が動きづらくなります。 筋膜や筋肉の中を通っている血管や神経を圧迫してしまいます。 それが、痛みやしびれ、冷感として現われます。 ですので、膝の痛みを緩和させるには筋膜の捻じれを取り除く必要があります。 ひざの痛みは軟骨や半月板の問題よりも筋膜が深く関わっているのです。

 

変形性膝関節症の痛みは、このように筋膜が関わっていることが多いので、普段から膝の痛みの原因である筋膜のケアをしておくことがご自身のお身体と上手く長く付き合っていくコツです。 、適切な処置を施せば痛みを軽減することが可能ですので、年だからといって諦めずに治療に取り組まれることをお勧めします。

 

奈良県北葛城郡のたけもと接骨院・整体院では奈良市はもちろんのこと、北葛城郡、玉寺町、香芝市など奈良県全域から、最近では大阪からも変形性膝関節症に悩む患者様が通院されています。

変形性膝関節症はひどくなると歩くことも困難になり、最悪手術になります。本来できるだけ近場の治療院で済ませたい症状です。それなのにわざわざ大阪から奈良県のたけもと接骨院・整体院に通院される理由は、変形性膝関節症の圧倒的な改善実績にあります。

たけもと接骨院・整体院では、奈良県でも当院でしか受けられない整体を行っています。この整体術は、接骨院(整骨院)でよくある電気や湿布薬に頼った治療とはまったく異なり、変形性膝関節症の痛みの原因を取り除く最適な治療法なのです。 現在、変形性膝関節症の患者様に関しては85%の改善実績をほこり、奈良、大阪の変形性膝関節症のお悩みで手術はなるべくしたくないという方は一度奈良県のたけもと接骨院・整体院の治療を受けてみませんか?

変形性膝関節症の原因

  • 老化現象
  • 身体の歪みからくる膝への負担
  • 半月板損傷
  • じん帯損傷
  • 関節内骨折
  • 関節リウマチ

変形性膝関節症の症状

  • 膝の腫脹、熱感
  • 膝の曲げ伸ばしの制限
  • しゃがむ動作がつらい
  • 歩行時痛
  • 階段の上り下りがつらい
  • O脚
  • X脚

変形性膝関節症の施術方法

1、膝の痛みの原因である筋膜の捻じれを取り除く

2、当院独自の膝関節隙間拡張法で狭くなった関節の隙間を広げる(軟骨は戻りません)。

これら二つの技術が、膝の痛みが改善する最大の理由です。 変形性膝関節症やオスグッド、スポーツ膝等の障害に対応できます。

 

当院が奈良県で唯一、膝オスグッドに強い治療院として紹介されました。

セルフマッサージ

期待できる効果

  • 膝の痛みの改善と予防
  • 副次効果
  • 腰痛改善と予防
  • 首の痛み改善と予防
  • 下腿のむくみ改善と予防

やり方

ケアのやり方
  1. ふくらはぎの内側で脛と筋肉の間の溝をやわらかくしていきます。 ここは膝につながる筋肉でもあり、膝のツボがあるところです。
  2. この時、脛の上から下まで、筋肉と骨の溝の固いところを痛くない程度に拇指で押していきます。
  3. 入浴中、お風呂上り、寝る前、仕事の合間等やりやすい時に行ってもらえばいいですよ。
膝の障害は膝だけではなく腰痛や首の痛みの原因にもなります。 日頃のケアで膝痛、腰痛、首痛を予防していきましょう。

症状からもっと詳しく調べる

膝関節捻挫でお悩みの方はこちら 変形性膝関節症でお悩みの方はこちら ランナー膝でお悩みの方はこちら

膝関節捻挫の原因、
それに対する対策法等を紹介しております。

変形性膝関節症の原因、
詳しくご紹介しております。

ランナー膝の原因、
それに対する対策法等を紹介しております。

膝の痛みでお悩みの方へ

上に戻る