文字の大きさを変更できます

  • 文字の大きさ[大]
  • 文字の大きさ[中]
  • 文字の大きさ[小]

膝の悩みでお悩みの方へ

むち打ち・交通事故後の施術について

整体について

施術について

  • 初めての方へ
  • 施術方針
  • 施術方法

症状別の対策

  • 生活習慣について
  • 整骨院とは 接骨院とは
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

受付時間

TEL:0745-31-5702

本サイトには、Adobe Flash Playerを必要とするコンテンツが含まれています。 ご覧になるには、以下よりアドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)をダウンロードしてください。

Adobe Flash Playerをダウンロード

踵の痛み

踵の痛みって??

踵の痛みの説明

踵の痛みの原因

踵の痛みを引き起こすものに主に三つの原因があります。
患部の腫れがあるものとないものがあります。

朝起きた時や長く座っている時の歩き始めに痛みが
強く出ることが多く見られます。

奈良県北葛城郡のたけもと接骨院・整体院では奈良市はもちろんのこと、北葛城郡、玉寺町、香芝市など奈良県全域から、最近では大阪からも踵の痛みに悩む患者様が通院されています。

踵の痛みはひどくなると踵をまったく着けないくらい、ツライ症状なので、本来できるだけ近場の治療院で済ませたい症状です。それなのにわざわざ大阪から奈良県のたけもと接骨院・整体院に通院される理由は、踵痛(踵の痛み)の圧倒的な改善実績にあります。

たけもと接骨院・整体院では、奈良県でも当院でしか受けられない完全無痛の特殊な整体を行っています。この整体術は、接骨院(整骨院)でよくある電気や湿布薬に頼った治療とはまったく異なり、踵痛(踵の痛み)の原因である身体の歪みからくる重心バランスの崩れを調整するのに最適な治療法なのです。

現在、踵痛(踵の痛み)の患者様に関しては、90%の改善実績をほこります。奈良、大阪のスポーツ障害のシンスプリント(脛の内側の痛み)で悩まれている方は一度奈良県のたけもと接骨院・整体院の治療を受けてみませんか?

踵の痛みの原因

  1. 踵後部滑液包炎→アキレス腱と、踵の骨の間にあるクッションの役割をする滑液包に械的な刺激が加わることにより炎症を起こすと考えられています。
  2. アキレス腱皮下滑液包炎→アキレス腱が踵の骨に付く付近に炎症を生じて、 痛みが出ます。アキレス腱と皮膚、踵の骨の間にあるクッションの液包が機械的な刺激が加わり炎症を起こすと考えられています。
  3. 足底筋膜炎→踵の足底部の足底筋膜の付着部で炎症を起こし痛みを引き起こすと考えられています。骨棘や硬結(疲労物質の固まり)ができることが多く見られます。

踵の痛みの症状

疼痛部の腫れと体重をかけた時の痛み。
特に朝起きた時の歩き始めや長く座っていた時の歩き始めに痛むことが多く見られます。

踵の痛み施術方法

当院では踵痛は重心バランスの崩れからくる偏った立ち方からくる足部の歪みや足アーチの異常と考えています。 施術はまず、どこが原因で重心バランスが崩れているかを見つけだし、整体で重心バランスの改善のための調整をします。 これにより再発しないための身体づくりをめざします。

次に足部の歪みを整えることにより、筋肉の炎症や骨棘や硬結(疲労物質の固まり)を取り除いていきます。 これらのアプローチにより効率的に辛い症状が改善していきます。

上に戻る