文字の大きさを変更できます

  • 文字の大きさ[大]
  • 文字の大きさ[中]
  • 文字の大きさ[小]

腰の痛みでお悩みの方へ

膝の悩みでお悩みの方へ

むち打ち・交通事故後の施術について

整体について

施術について

  • 初めての方へ
  • 施術方針
  • 施術方法

症状別の対策

  • 生活習慣について
  • 整骨院とは 接骨院とは
  • 院長ブログ
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

受付時間

TEL:0745-31-5702

本サイトには、Adobe Flash Playerを必要とするコンテンツが含まれています。 ご覧になるには、以下よりアドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)をダウンロードしてください。

Adobe Flash Playerをダウンロード

膝関節捻挫

膝関節捻挫って??

膝関節捻挫の説明

膝関節捻挫

膝関節捻挫とは、膝の靭帯や筋肉を傷めた状態です。
具体的には、本来の膝の可動範囲を超えて骨同士が離れ、靭帯が損傷した場合に引き起こります。 骨折や脱臼はレントゲンに写るのでわかりやすいのですが、靭帯の損傷の場合はそれがわかりにくいので、徒手検査など用いて正確に検査していく必要があります。

状態は1~3段階に分けることができ、それぞれの段階で治療方法も変わります。 靭帯損傷の程度にもよりますが、発症すると、1~2ヶ月は治癒期間として見込む必要があります。 この治癒期間をできるだけ短くし、後に痛みが残らないようにするためには、早期に適切な処置を行うことが大切です。

膝関節捻挫の原因

  • スポーツや仕事で膝に負荷がかかりじわじわと傷める
  • 階段の上り下りやしゃがんだり立ったりの動作の繰り返し
  • スポーツで急激に膝を捻じる 等

膝関節捻挫の症状

  • 腫脹、熱感、痛み
  • 歩行時痛
  • 階段の上り下りの痛み
  • しゃがむ動作の痛み
  • 膝の曲げ伸ばしの制限

膝関節捻挫の施術方法

膝関節捻挫

当院の膝関節隙間拡張法は狭くなった関節の隙間を広げることができます(軟骨は戻りません)。膝の関節の隙間を広げる膝関節隙間拡張法は当院独自の施術法です。同時に「アイシング、電気治療(立体動態波刺激療法)テーピング等」を行っていきます。
この技術が、膝の痛みが改善する最大の理由です。
膝関節隙間拡張法は変形性膝関節症やスポーツ膝等の障害に対応できます。

当院が奈良県で唯一、膝オスグッドに強い治療院として紹介されました。

セルフマッサージ

期待できる効果

  • 膝の痛みの改善と予防
  • 副次効果
  • 腰痛改善と予防
  • 首の痛み改善と予防
  • 下腿のむくみ改善と予防

やり方

ケアのやり方
  1. ふくらはぎの内側で脛と筋肉の間の溝をやわらかくしていきます。 ここは膝につながる筋肉でもあり、膝のツボがあるところです。
  2. この時、脛の上から下まで、筋肉と骨の溝の固いところを痛くない程度に拇指で押していきます。
  3. 入浴中、お風呂上り、寝る前、仕事の合間等やりやすい時に行ってもらえばいいですよ。
膝の障害は膝だけではなく腰痛や首の痛みの原因にもなります。 日頃のケアで膝痛、腰痛、首痛を予防していきましょう。

症状からもっと詳しく調べる

膝関節捻挫でお悩みの方はこちら 変形性膝関節症でお悩みの方はこちら ランナー膝でお悩みの方はこちら

膝関節捻挫の原因、
それに対する対策法等を紹介しております。

変形性膝関節症の原因、
詳しくご紹介しております。

ランナー膝の原因、
それに対する対策法等を紹介しております。

膝の痛みでお悩みの方へ

上に戻る