寝返りをする時の腰痛の原因

症例100 奈良県北葛城郡王寺町在住 60代男性

寝返りをする時の腰痛の症状

当院ホームページをご覧になり来られた方です。
建築のお仕事をされている方で、腰痛、右下肢のだるさ、両肘の痛みがもともとあったが、最近腰痛が酷くなり、寝返りをうつこともできない程きつい状態ということでした。
二日間仕事も休んでいるということで、奥様に付き添われて来られました。

寝返りをする時の腰痛の整体

「初回の整体」
施術室には歩くのも辛そうに入って来られ、ベッドに寝てもらうのも大変な状態でしたので、施術はまず座った状態で骨盤の歪みを矯正するところから始めました。
寝返り時の腰の痛みは、骨盤の歪みと固さが原因していることがほとんどなので、まず座位姿勢でできるところまで調整するとなんとか、ベッドに寝てもらうことができました。
次に上向きの姿勢で、下肢の筋膜リリース、骨盤矯正を行い寝返りをしてもらうと、ゆっくりと寝返りができるようになったので、生活上の注意事項を説明しこの日の整体を終えました。
「二回目の整体」
二日後に来ていただくと、昨日はどうしても仕事に出なくてはならなく、大変でしたが今日は昨日よりも楽になっているということでした。
前回の残りの施術を行い、動いてもらうと寝返り動作もかなり楽に行えるようになり、ご本人も驚かれていました。
施術終了時にまだ腰痛の原因の歪みは残っているので、油断は禁物ということをご本人に説明しました。
「三回目の整体」
かなり動けるようになり、仕事も行っているということでした。
腰が良くなった後に職業病である、肘も診てほしいという要望がありました。
「六回目の整体」
腰痛は消失し、前から夕方になるとだるくなっていた、右下肢のだるさも最近は出ないと仰られていました。
この方は、仕事で毎日ハンマーを持つということでしたので、長年の肘の痛みがあり、現在は腰痛改善後も肘の施術のため通院されています。

寝返りをする時の腰痛の考察

急性腰痛、慢性腰痛に関わらず寝返り動作での腰の痛みは、骨盤の歪みと固さが原因の大部分を占めていることが、整体の現場では多く見られます。
この場合、もちろん骨盤の歪みと固さを解消することは必要ですが、さらにまたそうなってしまった原因を見つけ解消することが、再発を防止することができる最善策だと考えています。

 

腰痛についてはこちら

 

たけもと接骨院・整体院
〒636-0073 奈良県北葛城郡河合町広瀬台3丁目6−3 アルプス 1F
0745-31-5702 

関連記事