手足のしびれと顔の圧迫感の原因

症例30 大阪府堺市在住 40代男性

手足のしびれと顔の圧迫感の症状

当院に来られていた患者様のご紹介で来られた方です。
二週間前から四肢(手足)のしびれが出始め、病院でいろいろと検査をしたものの原因がわからないと言われて困っているとのことでした。
くわしくお話しをお聴きするとたまにめまいと耳鳴りも起こるとのことでした。
また、右側半分の顔面部に圧迫感が数年前から続くという症状もお持ちでした。

手足のしびれと顔の圧迫感の整体

「初回の整体」
お話をお聴きすると自律神経系の問題がある可能性を考えて、頭蓋矯正と内臓調整(自律神経調整)を行うことにしました。
「二回目~七回目の整体」
頭蓋矯正と内臓調整(自律神経調整)を行う。
特に変化なし。
「八回目の整体」
頭蓋矯正と内臓調整(自律神経調整)を行う。
この回から手足のしびれが緩和してきた。
「九回目の整体」
さらに手足のしびれが緩和してきた。
頭蓋矯正と内臓調整(自律神経調整)を行う。
「十一回目の整体」
手足のしびれは消失し、めまいや耳鳴りも消失した。
右側半分の顔面部の圧迫感は変化なし。
「十二回目の整体」
右側半分の顔面部圧迫感の原因は頸部や肩周りの筋膜の捻じれやトリガーポイントからの関連痛と推察し、この回から筋膜リリースを中心に行いました。
「十七回目の整体」
右側半分の顔面部の圧迫感はかなり緩和している。
現在も治療を継続中です。

手足のしびれと顔の圧迫感の考察

今回の症例のように四肢のしびれ(手足のしびれ)は頸椎の神経圧迫が考えられることが多く、病院での精査も頸椎を中心に行ったとのことでした。この方の場合、画像所見上は頸椎に器質的は問題がなく、めまい等の不定愁訴があったので自律神経系の問題があり四肢のしびれ(手足のしびれ)を出していると推察したのが良い結果につながったと考えられます。手足のしびれの原因はさまざまではありますが、整体の現場では自律神経系の問題から症状を発症していることはよく診られるところです。
また、顔の圧迫感についても最初は頭蓋骨の歪みや自律神経系の問題であり、手足のしびれの改善と共に緩和してくると予想したのですが、実は筋膜が原因で症状を出していることがわかり、首や肩の筋膜にトリガーポイントができると顔面部に関連痛を出すことを再確認できた症例でした。今後の臨床に活かしたと思います。

首肩こりについてはこちら

 

たけもと接骨院・整体院
〒636-0073 奈良県北葛城郡河合町広瀬台3丁目6−3 アルプス 1F
0745-31-5702 

関連記事

Leave a Comment